TOP > feature > Aiko Fukuda×S.ESSENTIALS「コットンの日」コレクション
feature

人にも地球にも優しいオーガニックコットンに包まれて、共に人生を紡いでいこう。

5月10日の「コットンの日」に合わせて、イラストレーター&アーティストの福田愛子さんとコラボレーションしたオーガニックコットンのTシャツとバッグが入荷します。
「永く愛せる持続性のあるものづくりで、女性を輝かせたい」という想いをひとつにした福田愛子さんとのコラボレーションの第二弾。ポジティブなメッセージを込めたイラストが描かれたアイテムで、フレッシュな装いを楽しんで。

サステナブルなオーガニックコットンのTシャツ

ブランドが誕生した当初から地球環境にやさしい素材や技術を取り入れてきたS.ESSENTIALSでは、特にオーガニックコットンに強いこだわりを持ってきました。今回は農薬や化学肥料を使わない農地で育て上げた、上質なオーガニックコットンの綿花を厳選。繊維の長い糸を使って編みたてた素材による、しなやかな風合いとナチュラルな光沢感が楽しめます。

さらに体型や年齢を問わず、身体のラインを美しく見せてくれるシルエットにもこだわりが。首元をキュッと詰めて肩幅はコンパクトに、反対に身幅はタイトすぎないシルエットに。そうすることでリラックスした着心地と同時にスタイルアップが叶う。また、どんな体型や年齢の方でも綺麗に着こなせる。エイジレスに、そしてポジティブに装うことを楽しめるアイテムに仕上がりました。

Coordinate

テントウムシは外敵から綿花を守ってくれる愛おしい存在。「Wild at heart」は直訳すると「自然」「野生」ですが、春から続くコラボレーションのテーマ「ありのままの自分を愛そう」という福田愛子さんの想いが同時に表現されています。
Tシャツxデニムの定番スタイルを大人っぽくこなして。しなやかな国産デニムは着こむ程にやわらかく馴染むので、長く愛用すること生地を育てていく楽しみも。福田愛子さん、蔵前に工房を構える「The Container shop」とのトリプルコラボのトートバッグもアクセントに。

T-SHIRT ¥17,600
SKIRT ¥33,000
BAG ¥11,000


古代エジプトで若返りの妙薬と言われたマリーゴールド。実は外敵を寄せ付けない強さも持ち合わせています。「NURTURE」は「ここから始まる」「一緒に育っていく」という意味をもっています。
ドラマティックなチュールスカートをTシャツでカジュアルダウン。お揃いのマリーゴールドプリントのメッシュバッグで、大人の遊び心をくすぐるスタイリングに仕上げています。チュール、メッシュ、サンダルといった抜け感のアイテム選びが、これからの季節にぴったりです。

T-SHIRT ¥17,600
SKIRT ¥29,700
BAG ¥9,900

※BAGは、日本橋高島屋 S.C.「SANYO ESSENTIALS 」、東京ミッドタウン日比谷「三陽山長」、ジェイアール名古屋タカシマヤ「SANYO ESSENTIALS」、阪神梅田本店「SANYO ESSENTIALS」限定

クリーンなホワイトコーデにヴィヴィッドカラーでアクセントをつけた、清涼感あるコーディネート。Tシャツ、パンツ、スニーカーで白を繋げることで、すっきりとした印象に仕上げてくれます。こちらのコラボTシャツは、背面の襟元に福田愛子さんが手がけた「S.ESSENTIALS」のブランドネームとテントウムシとコットンのお花のイラストがさりげなくプリントされています。

KNIT ¥29,700
T-SHIRT ¥13,200
PANTS ¥26,400
BAG ¥9,900

※BAGは、日本橋高島屋 S.C.「SANYO ESSENTIALS 」、東京ミッドタウン日比谷「三陽山長」、ジェイアール名古屋タカシマヤ「SANYO ESSENTIALS」、阪神梅田本店「SANYO ESSENTIALS」限定

店舗限定・数量限定でバッグも発売

マリーゴールドとテントウムシが描かれたメッシュバッグは「aepp(アウペペ)」とのコラボアイテム。鮮やかなカラーリングのマクラメ編みとイラストが楽しい気分を盛り上げてくれる、チャーミングなバッグです。

BAG ¥9,900
※日本橋高島屋 S.C.「SANYO ESSENTIALS 」、東京ミッドタウン日比谷「三陽山長」、ジェイアール名古屋タカシマヤ「SANYO ESSENTIALS」、阪神梅田本店「SANYO ESSENTIALS」限定

【aepp】 2022年よりブランドスタート。マクラメ編みのBAG、アクセサリー、雑貨等、ビーズと天然石使いのアクセサリー類をハンドメイドで丁寧に作っているブランドです。フランス在住の際に住んでいたアパルトモンの名称が"aepp"だった事からブランド名の由来に。

【PROFILE】福田愛子・イラストレーター & アーティスト

1986年生まれ。ブリッジウォーター州立大学芸術学部グラフィックデザイン学科卒業。帰国後企業のインハウスグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートさせる。その後IT企業のアートディレクター・マニラ駐在員と激動の4年間を過ごしたのち退社し、イラストレーターとして自身の未知なる挑戦と人生の冒険に舵を切った。近年ではAR(拡張現実)を導入し、イラストとテクノロジーを融合させた表現方法を追求中。現在は東京と海外の2拠点で活動し、2018年にニューヨークで初個展、2019年には日本人で初めての「アドビクリエイティブレジデント」に選出された。また最近ではAdobe Aeroを駆使したAR作品「AR VIRTUAL GARDEN」が DESGIN TREND 2021に選ばれている。

福田愛子さんへのインタビューや第一弾コラボアイテムはこちら

Other feature