TOP > feature > World Water Day ボタニカルダイ 〜花々の持つパワーで、毎日を少しhappyに〜
feature

水の大切さや、きれいで安全な水を使用できるようにすることの重要性を世界中で 考える日として、毎年3月22日に定められている「世界水の日(World Water Day)」。 世界中で様々な取り組みがされているこの日に、エス エッセンシャルズから水を汚さない染色方法を用いたサステナブルなアイテムが登場します。自然由来の染料を使用した 鮮やかで味のある発色は、春から夏のファッションを盛り上げてくれること間違いなしです!

世界が認める品質の“播州晒し織物”を、自然由来の染料で鮮やかに

アイテムは、チュニック丈シャツブラウスとギャザーロングスカートの2型。セットアップで着てワンピースのようにスタイリングするのもオススメですが、1着でも着映え力があるので単品でも使い勝手のいいアイテムです。素材は日本でも有数の綿シャツ地である、兵庫県西脇市を中心とした北播磨地域で生産された”播州晒し織物”を使用。その肌触り抜群の素材を、植物が本来持っている色素をタンパク質で固定する特殊な技術で、水を汚さない”ボタニカルダイ”の染色方法で染めています。染料には「女性が自分らしく、自然体でHappyに過ごせる」ように願いを込めて、春の花達をチョイスしました。

Color Variation & Coordinate

今回染料に選んだ花々が持つ素敵な花言葉や意味と、スタイリングイメージをご紹介。手に取っていただいた方々の日常に、ちょっとしたhappyが舞い込むよう思いを込めて作られたアイテムは、自分用としてだけでなく、大切な人へのプレゼントにも最適です。

裾に向かって切り替えをたくさん取った、ボリューミーなシルエットが魅力のギャザースカート。シンプルなボーダー合わせでもカジュアルになりすぎず、大人の女性に似合うエレガントなオーラを放ってくれます。

CUT & SEWN¥15,400(税込)
SKIRT¥36,300(税込)


クリーンな白にフレッシュなミモザイエローを合わせた、春夏にぴったりな爽やか配色。シャツのサイドにはスリットが入っているから、前だけボトムスにinしてニュアンスを付けても様になる。ゆったりとしたワイドパンツでリラクシーに着こなして、肩の力が抜けたこなれたスタイルに。

SHIRT¥29,700(税込)
PANTS¥26,400(税込)

ミモザ:<花言葉>感受性・思いやり・友情・幸福を呼び込む

ミモザは、毎年3月8日に”女性の社会参加と地位向上を訴える日”として定められた「国際女性デー」のシンボルフラワー。ミモザイエローから活力を感じ、このお洋服を着た1日が幸せに包まれますように、という思いを込めました。

シャツは長めのチュニック丈だから、細身のパンツとも相性よし。落ち着いた印象のブラウンと華やかなピンクのコントラストで、メリハリの効いたスタイルが叶います。シャツの袖は肩先をふんわりと覆うフレンチスリーブで、気になる二の腕もしっかりカバー。

SHIRT¥29,700(税込)
PANTS¥26,400(税込) (4月中旬入荷予定)


ニットアンサンブルにピンクスカートを合わせて、上品かつ吸引力のあるスタイルに。気になるウエスト周りのギャザーは抑えてあるので、ショート丈トップスとスタイリングしても膨張せず、スッキリとシャープな印象で着られます。

CARDIGAN¥29,700(税込)
KNIT¥24,200(税込)
SKIRT¥36,300(税込)

シャクヤク:<花言葉>恥じらい・はにかみ・思いやり

すらりと伸びた茎の先端に咲く大きな美しい花の姿が、日本では古来より女性の凛とした姿と立ち振る舞いを形容する花として知られています。華やかなシャクヤクピンクが、内面から醸し出す美しさや女性らしさを引き出してくれます。

ふんわりとしたレース袖がフェミニンなTシャツを、キリッとしたブルーのスカートで大人の甘さに。スカートの裾にとった三角のマチが歩くたびに揺れて、ドラマティックなスタイルを演出してくれます。

CUT & SEWN¥26,400(税込)
SKIRT¥36,300(税込)


開襟シャツとデニムスカートのブルーグラデで、この春トレンドのデニムonデニム風コーデにアレンジ。一見カジュアルな組み合わせも、柔らかな印象のフレンチスリーブのおかげで、女性らしさはしっかりキープ。

SHIRT¥29,700(税込)
SKIRT¥33,000(税込)

デルフィニウム:<花言葉>清明・寛大・楽しみ・あなたを幸せにします

すらりと伸びた茎に無数に咲き誇る花たちが、凛とした花姿を表すことから”清明=清く朗らかな様”という花言葉が付けられたデルフィニウム。また”あなたを幸せにします”という花言葉に、手に取っていいただいた方の幸せや何か新しくチャレンジをするときのパワーになってくれるようにと願いを込めました。

撮影/SHINTARO 構成/森田晴菜

Other feature